2020年1月の月間成績

マンスリー成績

NF日経レバレッジ(1570)で圧倒的に塩漬け中だ。

1月の確定分は±0です。

そりゃそうだよ。

塩漬け中だからな。

そろそろ美味しくなってくれるといいが、含み損は941000円。

これを何とか2月中に改善しなければ…。

大変だよ!

スポンサーリンク

今年は大きく利益を伸ばしたいところだが…

先月は一年の締めくくりということもあり、ブログを始めてから一周年であり、半ば無理矢理、確定分だけをプラスで終えた。

この含み損は去年からの引継ぎだ。

おお。

最悪だよ。

今年も始まったけど、余力は無し。

先が思いやられる展開になっている。

そんな今年出発の1月。

のっけからいきなりアメリカとイランのいざこざ。

戦争か!?って懸念で下がるも、次の日には収束の兆し。

株価、戻す。

それどこか、ダウはアゲアゲモードだ。

実はこの時、すでに中国では新型コロナウイルスが蔓延し始めていた。

もちろん誰も知らない。

中国政府も情報を世界に発信せず。

中国内では「謎の肺炎患者急増」って事で騒がれ始めてたけど、中国政府は「デマ」として鎮火させていた。

アメリカとイランの緊張感の中、忍び寄る新型コロナウイルス。

流れが変わった衝撃のウイルス。

1月下旬に入ると、中国が新型コロナウイルスの感染拡大を報道。

それと共に、タイミングよく、実にタイミングよく、中国は正月休みに突入。

もちろん世界中に中国人が旅行へ。

そこでの新型コロナウイルス報道。

もう、止めようがあるまい。

それを受けた世界経済への影響は…。

最初はほぼ無反応であった。

むしろダウは強かった。

「新型?ん?知らん。」

くらいの反応でしかなかった。

WHOも緊急事態宣言を一時、見送る。

ダウ、更に伸びる。

その後、新型コロナウイルスが各国で確認され始めると、雰囲気が一転。

「これは…ヤバいやつだ。」

多くの人がそう確信した時、株価が下がり始める。

日経も下落を始め、その影響を受けたダウは…

まだ強かった。

ダウはそれでも強かった。

月末。

感染拡大が更に進み、さすがのダウも失速を始める。

あらかじめ影響を受けていた日経は、ダウ下落の影響も受け、更に下落。

WHOの非常事態宣言に反応し、一旦値を戻すも次の日、1月31日金曜日に…

ダウは約600の下落。

そのまま連休へ。

今、ここ。

エグイ。

日経、どうなるん?

中国も春節の休みから明け、株式市場が始まる。

2月3日になれば中国も株式市場がスタートする。

問題は、どこまで下げるのか予想しきれない部分。

だって、めっちゃ下がったし、コロナウイルスは中国から蔓延している。

今や中国全域で感染が確認されている。

多くの工場が稼働していない。

街も道も封鎖されている。

外出ですらほぼ禁止状態。

経済が止まっているのだ。

その状態での株式市場スタート。

ノーダメージのわけがない。

むしろ一番デカいダメージを負うはずなのだ。

それなのに予想しきれない連休明け。

世界の株価が織り込みたくても織り込めない状態でのスタート。

様子を見るしかない。

え?

私?

余力が無いから去年の10月からずっと様子見だよ。

そう、私のスタンスは、何も変わってないのだ。

涙が出そうだよ。