米中協議のネタに敏感な株価になってしもたね(2019年12月5日の成績)

デイリー成績

NF日経レバレッジ(1570)

含み損は884000円だ。また逆戻りになるのか?

確定分は±0です。

スポンサーリンク

なんか米中協議の一部合意には前向きらしいよ。

昨夜はダウが少し戻しました。

その影響を受けて日経も戻すのはなんとなくわかる。

だもんで多くの予想通りの動きをした日なんじゃないかと思います。

でもよー。

昨日のダウが始まる前のニュースね。

あれはもうインチキだろうに。

「米中協議はうまく進んでいるし合意も近い」

これね。

その前の日にトランプ大統領が「延長っすねー」って言った次の日だからね。

確かにあの発言を受けて株価は下がった。

結構一気に下がった。

ダウなんか直撃したように下がったよ。

でも次の日に「うまくいってるらしいよ!」ってニュースは明らかに回復させたい感が出てるだろうに。

それを発表したのはトランプ大統領ではなく、ブルームバーグって報道機関だし…。

急に株価が下がって不都合な理由でもあったのだろうか。

うたがうー!

今夜のダウの方向感はわかりません。

何か一発ポジティブかネガティブなニュースが出れば今夜のダウも動きそうですが…。

とりあえずの2発が連続で出ているので今日はおとなしく終わるのだろうか。

そんな気がしております。

でもまぁトランプ大統領は来年に選挙を控えているから世界を混乱させるような事はしないだろう…。

なんて言われております。

いや。

私はそれを否定しよう。

トランプ大統領が当選した理由ってそもそも「アメリカンファースト」を前面に押し出しているからじゃなかった?

攻めの政治をしているような気がしていたけど選挙前に守りになるなんて事はあるかい?

常にアメリカの為に動く人なんじゃなかろうか。

だから一時的に株価が下がってもアメリカの為になるなら実行すると思うけど…。

どうだろうか。