米中協議の一部合意に警戒感(2019年12月4日の成績)

デイリー成績

NF日経レバレッジ(1570)

含み損は805000です。はい。昨日よりはるかにマシですね。

確定分は±0です。

スポンサーリンク

急に流れが変わるトランプ大統領の発言。

これまでさんざん。

さんざんよ。

散々上げて来たネタがあったじゃないか。

それは米中協議の進展期待ってやつ。

「うまくいっている」とか「順調だ」とか言ってその都度トランプ大統領が株価を盛り上げて来たわけですわ。

それによってダウなんかもうバブル状態が続いていたわけです。

そしてこれまで一部合意を12月15日に目指すっていうことで更に株価を上げて来た。

ところが昨日。

まさかの、まさかの、「合意は来年の11月まで猶予があるから焦らないっす」って言った。

なんで?

なんで今?

株価をぶち上げるだけぶち上げてからの…今!

このタイミングだと仕組まれている感が満載なんだけど…。

まぁ。

大統領ともあろう方が計画的に動かないわけがないか…。

それにしても、一部合意に期待して買いが買いを呼んでいる状態が急に、まるでちゃぶ台返しのように逆の雰囲気に襲われた。

それが昨夜。

その影響を受けての今日の日経。

そりゃ下がるわな。

まぁ。

まだまだ含み損は一杯あるんだけどね。

今夜も目が離せない展開になりそうです。

昨日のダウはトランプ大統領の「合意無理っぽいっす!」っていう発言で一気に下げた。

一時はマイナス500近くまで下落したけど引けにはある程度持ち直した。

その流れを今日は引き継ぐかどうかが注目。

今夜のダウね。

ポジション的には続落を期待してはいるんだけど…。

どうだろう。

もう一発急に進展期待な展開になればまた一気に上がるっしょ。

こわ。

やっぱり怖い。

常に怖い。

株こわい。

でもドキドキで楽しい。