銘柄とナンピン買いの相性と有効性

株まるブログ

買った玉が見事に含み損に。

どうしよう、買い増しするか。

全力買いをしていなければ、ナンピン出来る。

さて、このナンピン。

有効?

人によってはナンピンした時点で負け。

とか言う。

私はそうは思わない。

使い方によってはリスクオフに繋がると考えている。

つまり有効。

もちろんリスクも大きくなる。

だってナンピンした分も下に引っ張られれば含み損が倍になるかもしれない。

でもこれは「どこでナンピンするか」をちゃんと考えれば回避出来たりする。

むしろ私はナンピンによって何度もジャンピングキャッチした玉を救ってきた。

だから考え方次第では含み損をひっくり返せる方法だと思っている。

今回は銘柄とナンピンの相性と有効性について少し詳しくまとめていきたい。

スポンサーリンク

私が考えるナンピン買い。

「ナンピン」って言葉が使われていますが、株式用語の一つです。

買い増しして、平均取得値を上げる方法。

一度に目いっぱい買うわけじゃなくて、分割して買ったり売ったりする方法と考えている。

このあたりは余力との相談にもなるので色んな考え方があると思うけど、基本的に買い増し。

「ナンピンした時点で負け」とか、「ナンピンは上級者用取引だ」とか、色々言っている人もいる。

かもしれない。

けど、私はそうは思わない。

リスクの分散と軽減だと考えている。

リスク回避のナンピン。

まず私が考えている「リスク回避」のナンピンは、「激しく上下する銘柄」や「仕手がらみの急にS高S安ような銘柄」は除きます。

大きくS高やS安まで動くような銘柄はいくら余力を分けてナンピンしたとしても、次の日にそれ以上のプラスやマイナスになったりするので逆にリスクが大きい。

そういう銘柄はギャンブル的要素が強いのでナンピンしない方が良いと思っている。

ナンピンが機能しづらい。

私が考える「リスク回避のナンピン」は、比較的安定している銘柄に限られます。

東証一部っていうのは絶対条件かもしれない。

更に、値が安定しているもの。

上下の幅が、ある程度見極められるもの。

じゃないとダメです。

これから床を突き抜けて売られそうな銘柄を仮に買ったとして、その後もずっと下げの状況が続くなら、ナンピンする度にマイナスが大きくなる。

リスク回避どころか超絶損切り祭りになるわけです。

リスクが増すだけ。

だから私は日経平均にほぼ追従するETF銘柄を選んでいるわけです。

比較的安定している銘柄の基準。

数日にわたりS高やS安をかますような銘柄はナンピンに向かないと考えている。

不安定銘柄と名付けよう。

ってことは、安定はその逆。

S高やS安なんて滅多にかまさない銘柄。

それが安定してる銘柄と考えている。

横ばい過ぎても値幅がないから利益を出せないので、人気の無い銘柄はダメです。

安定し過ぎもダメって感じ。

私が狙うべきなのは「比較的安定している銘柄」だと思っています。

まぁ、個人的にはそんな銘柄を探すなら「ETFにしとけ」って思うんですけどね。

企業情報を追うのもめんどくさかったり、長期投資ではなくド短期で安全に取引したいっていう考え方を持っている人はETFに限ると思う。

値動きが激しい銘柄で取引をしていた時はそのスピードが早過ぎてついていけなかった。

あっという間に超絶含み損っていう日もあった。

そんなにドキドキした取引をしていると気持ち悪くなるタイプなので、私にはETFがちょうど良い。

ってことで、私と同じような考えを持っている人はETF一択で十分だと思います。

ギャンブル性が高い銘柄を触る人のナンピンの方法は私ではわからない…。

だからETFのような安定している銘柄でリスクを回避する為のナンピンだと思ってください。

安定志向は投資信託から学ぶ。

私がメインで取引をしているのはETF銘柄で、これは投資信託を上場した銘柄になります。

投資信託は「様々な銘柄をバランス良く買い続ける」事でリスクを分散し、大きな利益ではなく、安定した利益を出す方法。

投資信託は様々な銘柄を買い続ける…。

だからバランスが取れる…。

つまりある意味ナンピンし続けるってことです。

下がったら買うっていうよりも、下がっても上がっても買い続けて平均取得値を調整していくバランスの取り方をしているんですけどね。

「分けて買う」って考え方は、リスクを分散する意味でも大手証券会社でも使われている方法なわけです。

さすがに「多くの銘柄をバランス良く買う」ってのは個人だと資金的に無理。

だから代わりに様々な銘柄を選んでくれる投資信託の上場銘柄であるETF銘柄を選んでいるわけです。

私はこうした方法を株式のプロである証券会社が使っているということは、ETFとナンピンは相性が良いと考えている。

株価は上げ下げするものです。

上場してから永久に上昇し続ける銘柄なんてありません。

そんな銘柄見たこともありません。

つまり、上げる時もあれば下げる時もある。

その上下の波を上手に掴むのがナンピンだと私は思っています。

日経平均の場合、上げ下げを繰り返しながら上昇したり下降したりしています。

つまり、上がると思って買った日経平均連動銘柄(ETF)がその日に下げたとしても、次の上昇のタイミングで上手に買い増しすれば利益は取れる。

問題はそのタイミング。

急下降した株価が次の日に確実に反発するかと言われれば…それはわかりません。

そこで私は考えました。

一度だけのナンピンでは逆にリスキーだと。

つまり何発かのナンピンを入れる準備をしておく必要があるってことです。

ちなみに私は5回のナンピンが可能なように余力を割り振っています。

株価と余力を計算していくつの玉を買えるのか考える。

それを5で割る。

一度反発のタイミングを外したとしても、後3回ナンピンが出来る。

同じ量の玉を5回に分けて買えるようにしてあります。

何度か失敗する可能性は常にある。

それは明日の株価が誰にも読めないからです。

その為の準備をする。

でも必ず反発するタイミングはある。

だって株価は上げ下げするんだから。

ナンピンで注意しなくてはいけない部分。

私場合は余力を5つに分けて考えていますが、この余力が尽きた時、負けを認めるようにしています。

「打つ手なし」が余力が尽きて損切りの合図だと思っています。

過去の経験で学びました。

それを経験したのは買い増しではなく、売り増しだったんですが、2019年GW前に一度「これ以上売り増しする資金が無い」状態になりました。

余力一杯、打つ手なし。

そのままGWに突入。

令和相場なんて言われていて、みんなが上昇ムードに湧いていた。

私はその時売りで余力一杯に玉を所有。

当時は余力を3分割にしていた頃で、2度反発のタイミングを見誤ったわけです。

GW明け、トランプ砲(米中貿易関税25%実行ツイート)によって株価は一気に下がり、たまたま救われましたが、その時に損切りを覚悟していました。

「たまたま助かっただけ」と感じていたので、それからは余力を5分割にすることにしました。

あの時、トランプ砲が無ければ私は損切りをしていました。

私が言いたいのは「損切りをする可能性」は常に持っておくべきってことです。

ナンピンをすれば必ずプラスになるわけじゃない。

だからどんなにナンピンをしたとしても、「余力が尽きれば損切りポイント」だと思っています。

5回ナンピンしたとしてもその後も株価が下がり続ければ損失は5倍です。

「ナンピンは損切りしなくても良い方法」ではない。

それはしっかり頭の中に入れておかないといけない。