短期決戦がメインで莫大な投資金が無いなら「空売り」を使った方がメリットは多い

株まるブログ

株価は上がるし下がる。

「買う」一択だと利益を出すチャンスが限られてしまう。

「上がる時だけじゃなくて下がる時にも利益を出す方法はないか。」

そうやって作られたのが「空売り」である。

取引をしている人達は「ショート」なんて言い方をしたりする。

値が高いところで「先に売って」下がったところで「買い戻す」事でその差額が利益になる考え方。

「株は低いところで買って、高いところで売るものだ」と考えている人には邪道と思われるかもしれないけど、投資機会を見逃さなければ「買い」でも「売り」でも利益を出すことが出来ると私は思っている。

これは単純に利益を出すチャンスが2倍になると考えて良いはず。

もちろんデメリットもある。

せっかくの機会なので、空売りの仕組みからメリットとデメリットをまとめておきたい。

それから実際に私が使っている理由とその使い方も。

スポンサーリンク

空売りの仕組み。

信用取引。

冒頭でも少しまとめた通り、先に株を売り、値が下がったところで買い戻す方法。

「持っていない株」をまるで持っているかのように先に売る。

ってことは単純に信用取引を利用するってこと。

恐らく多くの個人投資家はネット証券に口座を使って、アプリ経由で取引をする。

そこで必ず選択肢としてあるのが「信用取引」です。

「信用取引」は自分のネット証券口座に入っている金額のおよそ3倍の額で取引が出来る制度。

100万円を持っているなら、信用取引によって300万円分の株取引が可能になる。

通常の約3倍の取引が出来るのでもちろん利益も大きくなる可能性を秘めている。

そしてその「信用取引」の中に「空売り」がある。

空売りは「証券会社がすでに持っている株を借りて、先に売って後で買い戻す」方法。

株を借りて取引をするのが信用取引になるので、「空売り」も信用取引でなければ出来ない。

もし空売りのチャンスを有効に使いたいのであれば信用取引が出来るようにしておく必要がある。

信用取引の開始条件は各証券会社によって違うけど自分が持っている口座の証券会社に許可を得る形で始められるようになる。

先に借りて、売って、買い戻して、返す。

空売りは先に株を借りて、先に売って、下がったところで買い戻す。

株を返す時にその差額が利益になる仕組み。

「買い」の真逆と捉えている人も多いかもしれないけど、本当は少し複雑になっている。

でも意識的には「買いの逆」で十分。

狙った銘柄が、上げるのか下げるのか、どちらでも利益を出せるチャンスを得られる。

実際に「空売り」をするかどうかはわからない人も知っていて損はない取引だと思っている。

だって上げ相場でも下げ相場でも利益を狙えるわけだし。

私も実際に「空売り」をすごく使う。

使い勝手や考え方は最後に感想としてまとめておきます。

空売りのメリット。

下げ相場でも利益が出せる。

株は上がったり下がったりを繰り返す。

でも時として、大きく下げる時がある。

最近の大きな下落は2018年の年末から2019年の年始にかけて、ダウの下落に追従する形で大きく下げた。

もう少し前だとリーマンショックかな。

これも数日間大きく下げ続けた。

株取引を「買い」だけでやるとこういった大きな下落には対応出来ない。

対応出来ないというか、買いたくても怖くて買えない状況が長く続くことになる。

「下げ相場こそ買い」っていう人もいるけどその辺は考え方なのでなんとも言えないっす。

「落ちるナイフを掴みに行く」とも言われたりする。

実際に下げ止まりを確認しないと買うべきではないって考え方もある。

大きく下げる場面を予想するのは難しいけど、そういった下落の場面でも利益を出せるのが「空売り」であって、「買い」と「売り」の両方の目線で相場を見れる点はメリットだと考えている。

信用取引だから約3倍の売りも可能。

「空売り」は信用取引です。

前に説明した通り、信用取引は自分が証券会社の口座に入れているお金の約3倍の取引が出来るようになる。

空売りにもそれは適用され、自分が口座に入れているお金の約3倍の株を先に売ることが出来る。

これは普通にありがたい。

空売りのデメリット。

枚数が限られている。

「下がっても利益を出せる!」

と考えられるけど、「先に売る」ってことはそもそも誰かが株を持っていなくちゃ話にならない。

それを借りて来るのが信用取引になる。

だもんで、誰かが持っている株を先に売って後で返すわけだから枚数には限りがある。

買いはお金と株券を交換するような感じだから大体無くならない。

発行枚数が少ない企業もあるけど上場している以上一般の投資家が参加出来る枚数は確保されている。

ただ、「先に売る」ってなるとさすがに枚数は限られる。

そして売れる枚数を超える場合もある。

超えた場合、どうなるか。

逆日歩が点灯する。

空売りとして売れる枚数を超えた場合は、証券会社が他から株を調達して来なくてはいけない。

他から借りて来るわけです。

私達が空売り出来るように追加するようなイメージ。

はい。

利息的な手数料が必要となります。

それを逆日歩と呼ぶ。

空売りが出来る枚数を超えると発生する手数料。

これ、実は「枚数が無くなる前に空売りをしていた場合でも」必要になります。

「借りて売ってる人全員で出し合いましょう!」っていうスタンス。

空売りをしている人などは「逆日歩点灯!」なんて言う。

逆に買いで持ってる人なんかは「逆日歩ついてるぞー」とか言ってくる。某掲示板で。

証券アプリを使っているなら個別銘柄のメイン情報に「逆日歩25円」と記載されている時。

すでに枚数が足りなくて借りてきているってことになります。

逆日歩25円っていうのは「先に売ってまだ買い戻していない枚数」×「25円」って事。

「一日」につき。

もし1000株を売っている状態であれば、逆日歩25円が点灯した時点で「25000円」の手数料が必要になる。

しかも、逆日歩が点灯したら、そこから点灯が消えるまで毎日かかります。

ちょっと切ない出費。

それに含み損を抱えているのなら余計にネガティブだったりする。

それと証券会社ごとに規定はバラバラだけど、「特別空売り料」が必要な銘柄もあります。

株不足っていうわけではないけど、証券会社的にリスクオフとして空売りの際に先に手数料を必要としている場合に「特別空売り料」って言い方をしたりする。

これは新興株に多い。

そもそもの枚数が少ない銘柄などに証券会社が独自に設定していたりする。

証券会社ごとに持っている株の枚数も違いがありますから当然と言えば当然。

空売りをする時は気にしておかないと、急に手数料を引かれて「あれ?なんで!?」ってあたふたしてしまうので気を付けましょう。

指定銘柄のみ。

特別空売り料もそうなんですが、そもそも空売りっていうのは自分が持っていない株をあらかじめ売る方法なので、証券会社ごとに「そもそも空売り出来ない銘柄」もあります。

その日の寄りから空売りする銘柄を決めて、寄った瞬間に売りを入れようと思ってもそもそも空売りが出来ない銘柄だったパターンもあります。

個別銘柄ごとに決まりもあるので各証券会社で確認しておいた方が良い。

それから、「空売り禁止指定銘柄」というのもあります。

細かいルールは証券会社のホームページや日本証券金融株式会社のホームページをチェックしましょう。

どうして禁止になるかと言うと、

「株価が急激に下がり過ぎてしまっているので、以上下がらないようにする為の施策」になります。

株取引自体が危うくなってしまうのを防ぐ為のルール。

ただ、よほど下がらないと「空売り禁止銘柄」には指定されない。

でも連日下がり過ぎてしまうとルール的にそれが発動するってことです。

証券会社のアプリでも個別銘柄ごとに今「禁止指定」されているものが何かを調べる事が出来るので時間がある時にチェックしてみるのも面白いかもしれません。

「空売り禁止」って事は基本的に売られる数が少なくなるってことなので、一時的に上昇したりもする。

あくまで可能性。

普通に買いで入ってた株が売られれば下がる。

そこを狙って売買している個人投資家も必ずいると思います。

私はそこまで情報を追わない派なので実際にはどういう考えで狙っているのかわかりません。

最後に私の空売りの使い方を少し紹介したいと思います。

参考になるのかはわかりませんが…。

株まるが「空売り」を使う時とその理由。

最近自分の事をあまり紹介しないんですが、一応このブログを書いている人が「株まる」だと思ってください。

で、実際にどういう時に使うかってところなんですが、

まず、私は基本的な取引はETF銘柄に絞っています。

ETF銘柄についてはまた機会があれば説明しますが、「日経平均株価」とほぼ同じ動きをする銘柄になります。

日経平均株価だけではないですが、株価って基本的に上がったり下がったりしながら大きな流れの方向へ向かっていきます。

小さな波を作りながら上に行ったり下に行ったりするわけです。

大きな流れが上だと感じていても、小さな波で下がる瞬間がある。

そこを狙って空売りを使います。

グイグイと3日間上昇した後、「さすがに少し下がるっしょ!」って思ったタイミングで空売り。

そこでうまく利益を出したりします。

買いポジションの時と同様で、必ず利益を出せるかどうかはわからないけど、「さすがに下がるっしょ」って思った時は空売りの方が分かり易く利益が出せたりします。

ポジションを取ったところから上がるか下がるかが問題なわけで、「買う」のか「空売り」するのかってのはそんなに難しくない。

ただ、信用取引が出来るように許可が必要になるのでその部分だけクリアしておけば誰でもチャンスが増える。

ってことで私はガンガン使います。

日経平均は景気的にも基本的に上がってほしい派なんですが、空売りはガンガン使います。

単純に利益を出したいから。

そのチャンスを増やしてくれるのが空売りだと捉えている。

あんまり長期で持たないので逆日歩はそんなには気にしないけど、長期で持つなら空売りはあまり向いていないかもしれない。

先に売るだけで毎日マイナスになるなんて嫌だし。

持ってるのも嫌。

だから手放す。

そうやって株価が上がる場合もある。

でも株は基本的に駆け引きです。

だから上がっても下がっても対応出来るようにしておくってのはメリットだと私は思っています。

短期でね。

長期で持つのを前提としているなら「現物買い」に勝るものはない。

期限も無いし。

含み損でも手放さなきゃ負けたことにならないし。

信用取引は莫大な投資金を持たない私にとってはありがたいわけです。