ここ数日株で損失を出し続けている自分に言いたい

株まるブログ

理由は単純に株の上げ下げを予想出来ていないからだと思っている。

予想しても逆に行く。

だからと言って予想とは逆の売買をしてもやはり逆。

そんな状況に陥っている。

それを打破する為に何が出来るのか早い内に考えていった方がいい。

株をやっている理由は「利益を得る為」であって「損失を出す為」ではない。

わかっているからこそ焦るこの状況。

数日間は「やれやれ」と少し笑っていられたけどあんまり続くと笑えなくなる。

だから早めに対策を練らなくてはいけない。

確実に利益を出す為というよりは、自分が納得のいく取引方法。

損失を減らし、利益を多くする為に何が出来るか。

なぜ損失を出したのか、なぜ利益を得られたのか。

その辺の理由をはっきりさせておかないといけないんだと感じている。

あくまでデイトレに絞った考え方だけど。

スポンサーリンク

私が株で損益を重ねてしまう理由

損益を取り返そうとする意識が働いていると冷静に取引が出来ない

例えば寄りからポジションを取ったとして、株価は予想の逆を行くとする。

その時の損益を即座に受け入れたとして、「損切りだ!」と決めて約定させる。

そうなると損益となる。

私の思考はその「損益」に対して、「取り返すぞゴラー!」となる。

こうなると「利益だけうぬぅ!」っていう頭になる。

株をやるっていうのはいつも損益と背中合わせなのに、利益ばかりを気にし出す。

たぶんこの時の自分の思考はダメダメになっている。

損益を出すことに恐怖を感じている。

冷静じゃない。

冷静じゃないと変なポジションの取り方をする。

買いじゃないのに買ったり、売りじゃないのに売ったり。

利益ばかりに目が行って「早く早く早く!」みたいになる。

どんな時でも冷静に予想しなくちゃいけない。

焦らない。

常に損益も利益も表裏一体。

それが株なんだと思っていなくちゃメンタルが持たなくなる。

損益を恐れるが故の利益への執念が逆に損益を招いている

一度利益を出すと、損益が怖くなる。

一度損益を出すと、さらに損益が怖くなる。

そうなると小さな利益でも早めに利確するようになる。

大きく取れる瞬間を見逃してしまったりする。

株は不思議なもので、どんなに下がっても株価が戻る事がある。

それを信じ切れずに早めの損切りをして、その後利益を追って逆張りをするパターン。

往復ビンタを食らう。

それがうまくいくこともある。

なぜなら株は損益と利益が表裏一体だから。

私がメインにやっているのはデイトレ。

そういうことだって十分にあるっていつも意識していないといけない。

損益にも利益にもビビらないようにならないといけない。

株はそういうもの。

「わしはそれがわかって始めたはずだろうが!」

自分に言ってやりたい。

損益があるからと言ってビビってる場合ではない。

利益が出ているからと言って喜んでいる場合ではない。

細かい計算なんてその日が終わったらやればいい。

とにかく株価はどちらにも変動するのだから損益も利益も普通にある。

利益への執念は損益にビビっているからに違いないと思っている。

冷静に冷静に。

撤退する勇気がない

相場は今日だけじゃない。

一日だけではない。

だから今日の損益を今日取り戻す必要はない。

むしろ取り戻すっていう感覚すらちょっとおかしいのかもしれない。

そもそも株はそんな風には動いていない。

ルールとして作ったもののそれを守れない自分もいるが、そもそもルールっていうのが自分を中心に考えられている。

だからどこかで「損益があったら利益を出すまで取引をしよう!」とか、「利益があるからもう少し増やす為にも取引を続けよう!」とか考え出す。

プラマイ0でも撤退する日があってもいいはずなのに、それでは納得出来ない自分がいる。

「株取引をした感」が持てないと撤退出来ない自分がいる。

そうじゃない。

損益を抱えていても撤退する勇気が必要。

利益が少なくても撤退する勇気が必要。

プラマイ0でも次があると考えられる余裕が必要だと思っている。

撤退する勇気がいつも乏しい自分に言ってやりたい。

「考え過ぎだぜ!」って。

次があるってのはチャンスがあるってことだと思うのです。

勝率100%を目指してしまう

これはブログを始めて気が付いたこと。

ブログを使ってデイトレの結果を発信するのだから出来ればカッコつけたい。

カッコつけたいから常に利益を重ねているような結果を載せたい。

でも実際はそうならなかった。

それでも今改めて勝率100%を目指している。

無理なのに。

無理なのにそれを目指している自分がいる。

これが焦りに繋がっていたりするのかもしれない。

ある意味自分にとっては良い指標になるけどそれを悪い方向へ活かしている。

反省することばかりで困っちゃう。