私が東証一部銘柄でデイトレをする理由

株まるブログ

自分のルールの一つとして挙げている東証一部銘柄をメインにデイトレをする理由。

これにはいくつか訳があって、
株歴はそんなに長くないけど、自分なりに結果を出す為に敢えてそこを選んでいる。

これまでにそれはそれは大きなマイナスを積み重ねてきただけあって、
リスク回避には当然敏感になるわけです。

リスク回避を一番の目的として考えても東証一部銘柄が自分には一番合っていると思っている。

そして微々たる利益だけど、それを出せる可能性が一番高いのも東証一部銘柄だと思っている。

そのあたりの理由を説明したい。

なんでわざわざブログにそれを残すのかっていうと、
自分としても、まとめておきたいから。

自分のルールは株取引をする上ですごく重要で、絶対に守るべきものにしたい。

そのルールを徹底する為にも改めてまとめておきたい。

スポンサーリンク

東証一部銘柄をデイトレで選ぶ意味。

値動きの安定と予測。

東証一部銘柄は比較的値動きが安定している企業が多い。

それは業績も安定しているってことだと思っている。

さすがにサプライズ決算とかがあるとどんな銘柄でも上に跳ねたりはするけど、
その中でも突発的な上げ下げがあまりなくて、自分的にはデイトレをやり易い。

誰もが知っている銘柄もあるし、愛着も沸く。

名前を聞いたことがある企業が多いっていうのも理由の一つではあるけど、
何より大切なのは値動きの安定感。

東証一部銘柄でも上げ下げが激しいところがあるけど、
それは意図的に選ばないようにしている。

単純に怖い。

のと、
上下が激しいとすぐに損切りポイントに触れてしまう。

その点緩やかに動く値を見るとすごく安心する。

板がにぎわっているのなら見ていても楽しいし。

(場中に気になる銘柄の板見るの大好きなんです。)

自分のルールとして一日一度の取引と決めているから、早々に取引を終了した日は板をただ眺めていたりする。

その間に自分でシュミレーションしてみる。

毎日全く同じ値動きをするわけじゃないけど、
なんとなく銘柄特有の動き方をすることに気が付く。

一日に何度かインするようなデイトレをしている人は「板」を頻繁にチェックしているはずで、銘柄特有の動きもチェックしてあるはず。

下がってきても割らない値があったり、上がっても抜けない値があったり。

値動きが安定していると、そういった部分の見極めも分かり易かったりする。

もちろん外した時は焦る。

それはどの銘柄も同じ。

とにかく、私は板にも厚みがあって、値動きが安定している銘柄を選ぶようにしている。

そういった銘柄が東証一部には多い気がする。

(単純に人気の銘柄を選んでいるだけなのかもしれないけど。)

仕手株の存在。

仕手株の存在を知らない人は別のサイトでも検索して一度その実態を見てみてほしいんだけど、あれを頻繁に当たり前感を出してやられても困るが、私の中では東証一部銘柄以外で多いイメージ。

大きく上に打ち上げられて、それを見た人がさらに買いを入れる。

グングン上がったところで先に売り抜ける。

結構やられた。

これまで結構騙されてきた。

だからなんとなく香って来る仕手のニオイがわかる。

(今はあの良い香りに誘われないようにしている。)

予測した方向に巻き込まれた時は莫大な利益が出るかもしれないけど、
急に上がったりするからさすがに恐い。

それと予測不能な部分が多い。

だからなるべく仕手株化している銘柄は避けたい。

そういう意味でもあまり仕手株として選ばれない東証一部銘柄が好き。

それと、可能な限り値が1200円以上のものを選んだりもする。

誰から聞いたか忘れたけど、値が低い銘柄は仕手化しやすいらしい。

(大量に買ったり売ったりしやすいからかな。)

迷信かもしれないけど、とにかく仕手を避けたい私はそれを信じて逃げ続けている。

恐いからあんまり出会いたくないのです。

日経平均の影響を受ける。

東証一部銘柄は日経平均に含まれない銘柄であってもその影響を受けたりすることが多い。

日経平均の動きに影響を受けるっていうことは、
前日のダウだったり、為替の影響も受けやすい。

こういった外部要因の影響を受けやすいっていう事は、
私のようにあまり株を知らなくても予想しやすいってこと。

つまりまとまった情報が手に入りやすい。

これは私の中では結構重要な事で、
デイトレとは言ってもその日の運で取引をするわけではない。

自分なりに情報を得て、ポジションを考えて、一日一取引をするようにしている。

寄りからバシバシいけるのもそれなりの情報を得て、「いける!」っていう覚悟を決めているから。

その覚悟を決めるのに役立つ情報ってのはバカな私にとって分かり易いに越したことはない。

今日は為替も安定しているし、ダウも底堅かった。

じゃあ明日の相場は?

日経平均の動きは前日の底値はしっかり守ってくるかもしれない。

「底値をしっかり守ってくれるなら、前日の値から少し下がったところで寄れば上に抜けていくかもしれない。寄り値はどうなるかな。狙えるならポジションを取ってみよう。」

って少し先の未来を予想しやすくなる。

もちろん前日決算であればそれは覆されたりするし、上方修正なんかがあったら寄らないパターンもある。

日経の影響を受けたり、景気の影響を受けやすい銘柄を選ぶのはそういった「特別な何か」にめっぽう弱い私にとっては情報が集めやすいから。

だから東証一部銘柄でデイトレをするようになったわけです。

値動きが緩やかな分大きな利益は出ないかもしれないけど、
今の自分にはそれが合っていると感じてます。

それでも自分の決断を過信し過ぎちゃだめだ。

といつも自分に言い聞かせている。